女性

オフィスコーヒーや自動販売機で仕事の効率UP|福利厚生効果絶大

本格的なコーヒーを

オフィスコーヒーの種類とメリット

コーヒー豆

出勤時や昼食後等オフィスコーヒーを楽しみにしている方も多いと思います。オフィスコーヒーには大きく次の3つの種類があります。1つは缶コーヒーなど自分で購入するものです。最近はコンビニの抽出するものもあります。自分で好きなものを好きなタイミングで買うことかできます。2つ目はコーヒーメーカーで淹れるものです。大手メーカーが専用のコーヒーメーカーを販売やレンタルしており、容易で安価に作ることができます。3つ目は豆やパックを共同購入し一杯ずつ淹れるものです。手間はかかりますが、本格的なコーヒーを楽しむことができます。 好みや飲むタイミングが違うため、一概に合わせることは難しいかと思いますが、コーヒーを片手に談笑することができます。

現在のコーヒーの流行について

先で述べたうち、現在のオフィスコーヒーはコーヒーメーカーのものと共同購入したものが増えています。女性の社会進出により希望があったことや福利厚生の一環としてコーヒーメーカーを設置するケースが見受けられます。オフィスコーヒーのコーヒーメーカーで、ココアや紅茶などコーヒー以外の飲料を作る機種に人気かあります。 一昔前であれば、昼食後に喫茶店で一服する男性の姿が多かったですが、現在は職場で仕事をこなしながら飲んている方がいらっしゃいます。1杯あたりの値段も安いので、財布を気にせず飲むことができます。また、オフィスコーヒーの使用料を会社が負担している職場もあり、オフィスコーヒーの周りで打ち合わせを行うことができます。